映画

「イノセンス」3月6日公開。押井守監督インタビュー

ソースURL:http://www.asahi.com/offtime/m...

ジブリがバックについたお陰で「日テレ&読売」でプロモーションが盛んに行われているけど、これはasahi.comの記事。 それ故か、『ファンにはたまらない「哲学と情念」の世界だが、製作費20億円、宣伝にスタジオジブリも協力したメジャー作品としては難解すぎないか?』と評します。監督は『メジャーを意識しなかったわけじゃない。内容はこれまでの僕の延長線上のことしかできないけれど、間口を広げるため、絵や音をたっぷり作りこんだ。理屈で理解することが大事じゃない。言葉にできない何かを感じ取ってほしい』と語ります。STAND ALONE COMPLEXは刑事ドラマのようなタッチで、わかりやすく一般ウケしやすいようになっていましたが、イノセンスはやっぱり「押井作品」なのかもしれません。公開はいよいよ今週末。(asahi.com)(情報元:カトゆー家断絶)
関連:映画 イノセンス 公式サイト

関連記事

最新ニュース

  1. ワールドオブFF
  2. 量子コンピュータ
  3. 聖剣伝説2
  4. FF展

カテゴリー

Amazon

■商品を探す
 

■売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

  1. スクウェア・エニックス

    スクエニ株主総会2015詳細レポート  株主「FF7リメイクはシナリオ改変に踏み…
  2. FF8スコール原画

    スクエニ2004-2013

    野村哲也氏の繊細なタッチを堪能。 FF8原画展レポート! 新宿「ARTNIA」で…
  3. FF6ロゴ

    スクウェア・エニックス

    FF6のOPからEDまでをオーケストラで!GSJ「交響組曲 ファイナルファンタジ…
  4. アッシマー塔

    管理人日記

    若さゆえのあやまち
  5. FF13

    FF13-2ファンミーティングのレポート! 1時間もプレイした感想&スクエニ本社…
PAGE TOP