スクエニ2004-2013

コラム:ゲーム業界のジレンマ

スクエニの子会社、UI Evolutionの社長さんのコラムです。 任天堂の岩田社長がWBSのインタビューでちょこっと言っていた「任天堂のライバルは(お客さんの時間を奪い合うという意味で)、すべてのエンタテインメントだ」という言葉を思い出しました。 (Life is beautiful)

関連記事

  1. スクエニ2004-2013

    4Gamerがゲーム業界151名に注目タイトルをアンケート!スクエニも13名が回答

    ゲーム業界の151名が2013年の注目ゲームタイトルやエンターテイメン…

  2. スクエニ2004-2013

    「むぐぐ」は英語でなにになる?『ブレイブリーデフォルト FtS』海外版の翻訳はどうしたのか開発者イン…

    もともと日本でのみ発売するつもりで開発された「ブレイブリーデフォルト」…

  3. スクエニ2004-2013

    渋谷駅にFF10HDリマスターの広告がいっぱい!現地報告の写真いろいろ

    スクエニの公式Twitterが、FF10HDの広告で埋め尽くされた渋谷…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • うーん
    • 2006年 3月 26日

    元々「一部の為のコンピュータゲーム」の定義を見直して
    「来るべき新時代の普遍的且つ一般的なコンピュータエンタテインメント」と言い出したのは
    文字通り『ソニー”コンピュータエンタテインメント”』なんですよね。
    それを全力で否定して「エンタテインメントなんて洒落たってダメ」
    「あくまでおもちゃ」とDSでも言い続けたのが任天堂だったわけで。

    任天堂のゲームも、ゲームに対する姿勢も好きではありますが
    ファミコン〜スーファミ時代に散々ユーザやメーカを騙し続けた
    この独特の誤魔化し方は相変わらずだなぁと思わなくもなかったり。

    • TERU
    • 2006年 3月 26日

    たしかにたしかに!!
    記事の内容は重要なことですね。
    管理人さん、いい記事ありがとうございます!

最新ニュース

Amazon.co.jp

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
PS4「FF7リメイク」
2020年4月10日発売

FINAL FANTASY VII REMAKE Post Card Book
ポストカードブック
2020年3月19日発売

ファイナルファンタジーVII リメイク ワールドプレビュー
ワールドプレビュー
2020年3月19日発売

売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

カテゴリー

  1. スクエニ2004-2013

    野村哲也さんが読売新聞に載ってるー!
  2. 管理人レポート(スクエニ以外)

    ガンダムUCに登場するタピスリー「貴婦人と一角獣」の本物を見てきた! 会場の音声…
  3. アメリカ生活日記

    日記:テレワークは当たり前!アメリカの企業に半年勤務してわかった彼らの仕事のやり…
  4. キングダムハーツ

    今日発売「キングダムハーツ3D」同梱版買ったよ!開封してみたレポート!
  5. FF8スコール原画

    スクエニ2004-2013

    野村哲也氏の繊細なタッチを堪能。 FF8原画展レポート! 新宿「ARTNIA」で…
PAGE TOP