ネット

Google、ついに検索キーワードの「意味」を把握! 新機能「ナレッジグラフ」開始

ソースURL:http://japan.cnet.com/news/ser...

Googleはユーザーが入力した検索キーワードの「意味」を把握して、Googleが保有するデータベースからそのキーワードに関連する情報を表示する「ナレッジグラフ」を日本語版で開始しました。 例えば、俳優の名前を検索したときには、俳優であるということを自動で判断して、俳優のプロフィールや出演作品を検索結果の右側に表示してくれます。(CNET)

試しに「ルーブル美術館」と検索してみた結果がこちら。
20121206google.jpg
わざわざ公式サイトやWikipediaを開かなくても概要がさっとつかめるので大変便利です。Googleがどんなナレッジを持っているのかというと、次のとおり。

サービス開始当初は、著名人(ミュージシャン・グループ、俳優、歴史的人物、スポーツ選手・チーム)、エンターテインメント(映画・テレビ番組、芸術作品)、場所(有名な建物や観光地、国内外の自治体)、自然科学(生物や天体、化学物質)などのキーワードに対応しており、今後も表示できるカテゴリを拡充していく。

関連記事

最新ニュース

  1. 天野喜孝
  2. キングスグレイブFF15
  3. FF山手線
  4. スクエニロゴ

カテゴリー

Amazon

■商品を探す
 

■売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

  1. スクエニ2004-2013

    野村哲也さんが読売新聞に載ってるー!
  2. スクウェア・エニックス

    FF30周年記念、東京タワーの「クリスタルタワー」ライトアップ&プロジェクション…
  3. 管理人日記

    FF3同梱版をまたもらっちゃったー!
  4. PSP CCFF7 同梱版

    FF7

    CCFF7のPSP同梱版を買ったよレポート!
  5. FF6ロゴ

    スクウェア・エニックス

    FF6のOPからEDまでをオーケストラで!GSJ「交響組曲 ファイナルファンタジ…
PAGE TOP