ゲーム

世界的に高い評価を受けたPS3「rain」 開発の苦労を講演「主人公が見えないのに,どうやってゲームにすればいいのか」

ソースURL:http://www.4gamer.net/games/17...

20140323rain.jpg
透明な主人公が雨に打たれた時のみ見えるという斬新な設定と、美しいグラフィック、しっとりとした世界観などが世界から高く評価されたPS3の「rain」。GDC2014でその開発の苦労が語られました。
開発の当初は「コントローラとプレイヤーの関係」といった深いレベルからゲームデザインを考え、「見えない主人公」という設定にたどり着いたとか。また、制作の途中で東日本大震災があり、「ゲームの無力さを強く感じた」中で方向性も変わっていったそうです。 ソース元の記事ではユーザテストで散々だった結果を踏まえてカメラ位置を200か所も直していった話など様々な苦労が語られています。プレイステーションの全盛期はこういったチャレンジングなゲームがたくさんリリースされていた気がしますので、これからも既存のゲームの枠を打ち破る作品に挑戦いって欲しいですね。(4Gamer)
関連:『rain』”既存ゲームへのアンチテーゼ”を貫いた開発チームが、苦難の道を振り返る【GDC 2014】(ファミ通)

関連記事

最新ニュース

  1. ffxrライド
  2. nintendo labo
  3. ディシディアFF NT
  4. FF15ロゴ
  5. FF15ロイヤルエディション

カテゴリー

Amazon

■商品を探す
 

■売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

  1. スクウェア・エニックス

    日記:FF4の全曲をストーリーに沿って演奏するリトルジャックオーケストラのコンサ…
  2. スクウェア・エニックス

    FF30周年記念、東京タワーの「クリスタルタワー」ライトアップ&プロジェクション…
  3. 管理人レポート(スクエニ以外)

    MacBook Proの反応しなくなったタッチパッドを復活させる方法!わかりやす…
  4. スクエニ2004-2013

    FF25周年記念!東急線クイズラリー全コンプの参加レポート。(ネタバレなし)
  5. アッシマー塔

    管理人日記

    若さゆえのあやまち
PAGE TOP