スクエニ財務情報

スクエニ株主「FF映画で失敗したのに、なんでまた映画をやるのか?」 株主総会2016レポートまとめ

スクウェア・エニックスのサムネイル画像
24日、今年もスクエニの株主総会が開催されました。ワタクシは今年も株主を継続していますけど、都合で参加できず。ほかの参加者の方が掲載しているレポートをご紹介いたします!
比較的落ち着いた総会だったように見受けられますが、「FF映画で失敗したのに、なんでまた映画をやるのか?」といった主旨の質問があったようです。これについての回答は、FF映画は多額の投資をしたが今回はそうでないという点、FF15の世界観を広げるために行っている点を主に回答していた模様です。
 ・ピンポイントplusさんのまとめ

松:映像作品としてFF15の世界を豊かにする取り組みの1つ。前作より技術的にも進化
橋:蓄積しながら最新技術を取得していく。実写に近づけるとアニメよりキャラクター性なくなるので、開発現場にフィードバックする

 ・まこなこさんのまとめ

松田「映像作品はFF15をより豊かにするためにやっている。前回は投資が多かったが、技術的にも今は進化しているので、心配されるようなことにはならない。開発は日本で行っている。」
橋本「最先端の技術の習得は重要。フォトリアルが進化しているが苦労はしているものの、技術の習得はスピリットウィズインのベースがある。映画ではないがアドペンドチルドレンが成功している。すべてが失敗しているわけではない。それらの蓄積によりFF15を作っている。

 ・スズキオンラインさんのまとめ

松田:映像作品としてFF15の世界を豊かにするためにやっている。前作よりCGなどで技術的に進化しているので、ご心配されているようなことにはならない。制作は日本で行っている
橋本:ご指摘どおりの結果であったが、開発からすると最先端の技術を取り入れることは大切。技術習得の意味では前作は意味があった。FF15のユニバースを広げたいと思って作っている

まぁ、2000年当時は167億円という莫大な開発費をつぎ込んだためにそれが回収できなかったわけで、今回のフルCG映画はそこまで金をかけずに製作できているそうなのでリスクはかなり低いと思いますよ。それと、2005年のフルCG映像作品、FF7ACの大成功のこともお忘れなく。

FINAL FANTASY ― ファイナルファンタジー ― (スタンダード・エディション) [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2002-02-22)
売り上げランキング: 56,842

【Amazon.co.jp限定】 FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE (オリジナルコンパクトミラー付) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2009-04-16)
売り上げランキング: 597

関連記事

  1. スクエニ財務情報

    スクエニ決算、売上8.2%増2710億円、営業利益35.7%減245億円。ソシャゲは減収減益

    スクエニは2018年4月-2019年3月の決算を発表しました。それによ…

  2. スクエニ財務情報

    スクエニ、中国テンセントと戦略提携を発表! 合弁会社を設立しAAAタイトルを開発

    スクエニは、中国の巨大ゲーム会社であるテンセントとの戦略的提携を発表し…

  3. スクエニ財務情報

    スクエニ4-6月決算、売上116億円減・営業利益86億円減。 しかし通期の業績予想は修正なし

    スクエニHDは4-6月の決算を発表しました。それによると、売上高は45…

  4. スクエニ財務情報

    スクエニ、第三四半期は減収減益。4-12月累計の営業益は57%増の337億円に! 決算発表

    スクエニは10月から12月の四半期決算を発表しました。それによると、4…

コメント

  • コメント (13)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2016年 6月 26日

    それだけ当時とは比べ物にならないほど技術が革新したってことだよねぇ。

    小島監督も言ってたけど、それこそインディーズでもクオリティ(多分グラフィック面で)の高いゲームが作れるようになったとか、昔は映画業界とゲーム業界とでは共通言語がアナログとデジタルとで全く違ったから会話が成り立たなかった(フレームレートですら24と30/60とで違う)けど、最近ではほぼ同じツール・環境で製作してるから境目が無くなった、とか。

    • 匿名
    • 2016年 6月 26日

    株主のくせにわかってないなぁ
    あの映画は内容的にもヒゲの趣味だけでやっちゃったもの
    今度のはアドベントチルドレンと同じ立ち位置でしょう

    • 匿名
    • 2016年 6月 26日

    キングスグレイブは元々劇場で公開する予定すらなかったって大藤さんがATRで言ってたぐらいだからねえ。
    アニプレックスのスタッフが「このクオリティは劇場で公開しないともったない」って言われて、日本では特別に劇場公開が決定したって言ってたし。

    ていうことはスクエニとしてはデジタル配信とパッケージだけでも十分、利益が回収できる見込みがあるっていうことだろうから、そんな心配しなくていいと思う

    • 匿名
    • 2016年 6月 26日

    2chの煽りならともかく、株主総会でとは……。
    15のコアなファンはストーリー的に楽しめるでしょうから、こういう実験的なことで、好意的に見てくれる参加者がいるというのは大変な追い風だと思います。本編との絡みもよく考えられているようですし、名前だけの坂口映画とは違って、きちんと狙いがある営みだと感じられますね。

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    > 今回の映画はそこまで金をかけずに製作できているので
    具体的にいくらかかってるっていうソースありますか?

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    前回の167億・・・これは坂口さんたちの暴走だったのだろうか

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    最初の映画のゲームに還元するための技術習得の意味もあったからね
    だから完全な無駄ではなかった

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    最初の映画は失敗したけども
    その時できた関係は続いていて
    今でもハリウッドの人達が手伝ってくれたり
    技術提供受けたりと良い事も多かったそうだよ

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    まあ、ダメだろうなこの映画は。
    スピリッツウィズンほど金をかけていないから無問題!
    とか言ってる人がいるが、それでもかなり金がかかっているのは事実だし
    FF7アドベントチルドレンと同じ立ち位置!問題ない!
    とか言っている人もいるが、アドベントチルドレンともっとも違うのは
    そもそもFF7自体が大ヒット作で、そのキャラが総登場する続編だったから
    ACはそこそこヒットしたという事。
    対してFF15はヒットどころか発売すらしていないし、
    この映画には人気キャラが1人も登場しない。
    まこまこさんが言ってる「映像はいいが誰ひとり感情移入できない」
    というレベルの代物でしかない。
    これ単品では受けるわけがないんだよ

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    まあ15分のものじゃなくて、本編見ないとなんとも言えん。

    • 匿名
    • 2016年 6月 27日

    いや今回心配すべきなのは
    映画の制作費じゃなくて、
    ゲーム本編の開発費の方だろ?
    10年分回収できるのかね。

    • 匿名
    • 2016年 6月 28日

    目先の事ばっか考えてるから日本のゲームは没落したんだろ

    何も10年分の技術投資を
    1本のゲームやその周辺作品だけで回収しようとはしてないでしょ

    技術やノウハウを蓄積しつつそのうち成功すればいいよ
    技術投資なんてそんなもの

    • 匿名
    • 2016年 6月 29日

    FF14の失敗は絶対に忘れないユーザーがかなりの数居るからなあ
    お前ら嫌いだからスチーム行ったのに
    こっちくんなよしかも日本語別売って糞まで連れ込みやがって

最新ニュース

Amazon.co.jp


売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

カテゴリー

  1. PC

    「LaVie Z」買ったよ!レビュー MacBook Airよりもペットボトル1…
  2. プルデンシャルタワーからの景色

    アメリカ生活日記

    日記:ボストンの高層ビル「プルデンシャルタワー」の展望台から街全体を見てみた
  3. スクエニ2004-2013

    FF25周年記念!東急線クイズラリー全コンプの参加レポート。(ネタバレなし)
  4. 管理人レポート(スクエニ以外)

    MacBook Proの反応しなくなったタッチパッドを復活させる方法!わかりやす…
  5. FF8スコール原画

    スクエニ2004-2013

    野村哲也氏の繊細なタッチを堪能。 FF8原画展レポート! 新宿「ARTNIA」で…
PAGE TOP