Intermezzo(めっつぉ) ホーム過去ログ2016年10月 > 25日

2016/10/25

前の日へ次の日へ

「久夛良木が面白かったからやってただけ」 プレイステーションの立役者に訊くその誕生秘話【丸山茂雄×川上量生】 ...という記事が超おもしろい

IMG_0137.JPG
ソニーミュージックの丸山さんといえば非常に有名な方で、久夛良木さんがプレイステーションというハードウェアの父であるとするなら、丸山さんはソフトウェアの父と言えるかもしれません。そんな丸山さんがいまだから話せるプレイステーション開発の舞台裏を、ドワンゴの川上さんが聞き手にまわって紐解いていきます。プレイステーションの前身が、任天堂のスーパーファミコンにCD-ROMを搭載する計画だったことは今や有名ですが、結局は破局します。

丸山氏:
 ただ結局、それで発表直前になって、任天堂にキャンセルくらったわけよ。久夛良木とソニー側と広報の担当取締役、そして社長になる前の出井さんが京都まで行って、記者会見の事前打ち合わせをしていたら、「いや、この記者会見は中止になったから」という話が急に来た。
しかし久夛良木さんはこの事実を逆に使って、ゲーム事業がやりたいという自分の野望のためにソニーという会社を動かしていきます。
丸山氏:
 ただ、話はここからなんだよ。なぜか久夛良木が、この話を大きくし始めたんだよ。
(中略)
もう凄い勢いで社内で煽りはじめたんだよ。大賀さんにも「ソニーの大賀がハンコを捺したものが、何の理由もなくキャンセルされた。このまま引っ込んで、あなたはメンツが立つんですか!」なんて迫り出すんだよ。すると、大賀さんも「なるほど。これはメンツを潰されているなあ......」となってくるじゃない。
かくして、ソニーは久夛良木さんの言うがままにゲーム事業に多額の投資をしていくことになります。
CPUをとりあえず作ってもらうために、140億円をAMDに放り込んだ。でも、そんなのは序の口で、それから先はドーンと積み上がっていったね。
そして、大成功を収めることになるのはご存知のとおり。ぜひ、みなさんにも元記事を読んで心躍らせていただきたい! 後半にはFF映画で失敗したスクウェアを救済した時の話も出てきますよ!
仕事ってのはこういう風にやるもんなんですね。会社に使われるんじゃなくて、会社を使えばいいんですね。(電ファミニコゲーマー)

スクエニ、スマホゲー「スクールガールストライカーズ」のアニメ化を発表!2017年1月放送開始!

スクストアニメ
FF7スノボが実装されたり無茶しやがってなイベントや、スマホなのに60fps実現してて技術的に凄すぎる人気スマホゲー「スクールガールストライカーズ」のアニメ化が発表されました!2017年1月放送開始となります。キャストはゲーム版と同じで、音楽はスクエニの鈴木光人さんが参加しています!アニメ化決定に合わせて、ゲームでは毎日ログインするとアイテムが貰えるキャンペーンが本日開始となりました。期間は11月13日まで。
過去:スクエニの開発者が語る「この先グラフィッカーが生き残るには?」 『スクスト』で意識した5つのこと
過去:スクストにFF7ぽいミニゲーム「スノーボード」が実装された!本格的すぎ
過去:スクエニ、モバイルカンファレンスのプレゼン資料を公開! スマホで60fpsを実現した秘密が明らかに!

前の日へ次の日へ
過去ログ
カテゴリ一覧
気になる商品

ニュースページへ