スクウェア・エニックス

FF15のAIを生み出したスクエニ三宅氏の著作「人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか」発売!

ソースURL:http://amzn.to/2hdRCOA...

IMG_0498.JPG
スクウェア・エニックスのAI技術を牽引する三宅陽一郎氏の書籍が発売となりました!

本書はFFシリーズはじめ、最新ゲームテクノロジーの事例を用いて、より高度な「~らしさ」を求めるAI制作のため、認知科学や自然科学の分野まで縦横無尽に思考していきます。

FF15は4人パーティーのゲームですが、プレイヤーが操作する以外の3人はAIによって自律的に動いています。しかし、我々プレイヤーはそこに「人格者」を感じ、感情移入してしまいます。巷ではディープラーニングが話題ですが、あれは人の脳細胞をシミュレーションするニューラルネットワーク技術の発展系であり、莫大な計算が必要。ゲームはもっとずっと軽い仕組みで動かさなきゃいけないし、プレイヤーを飽きさせずに遊んでもらう適度な頭の良さが必要。そんなAIを実現するための技術について語られているようです。(Amazon)

人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか
三宅 陽一郎
技術評論社
売り上げランキング: 909

関連記事

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2016年 12月 07日

    面白そうな本ですね。15は戦闘中の仲間を見てるだけでかなり楽しいです(怒られますが…笑)。AIで動く仲間とのパーティ戦は世界レベルで見ても抜群では。
    ゲーム的にはもう少しだけ頭良くても…とも思いますが、行き過ぎて超反応見せられても萎えてしまいますし、これくらいがちょうどいいのかも。




    0



    0

最新ニュース

  1. FF展
  2. 天野喜孝

カテゴリー

Amazon

■商品を探す
 

■売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

  1. アッシマー塔

    管理人日記

    若さゆえのあやまち
  2. 野村哲也氏サインの3DS

    スクウェア・エニックス

    スクエニARTNIAで、日本初の野村哲也氏サイン会が実施! 「すばせかプレビュー…
  3. FF7ロゴ

    FF7

    FF7のOPからEDまでをオーケストラで再現したコンサート 「交響組曲 ファイナ…
  4. FF8スコール原画

    スクエニ2004-2013

    野村哲也氏の繊細なタッチを堪能。 FF8原画展レポート! 新宿「ARTNIA」で…
  5. PC

    「LaVie Z」買ったよ!レビュー MacBook Airよりもペットボトル1…
PAGE TOP