Intermezzo(めっつぉ) ホーム過去ログ2017年04月 > 06日

2017/04/06

前の日へ次の日へ

スクエニ松田社長、FF15や世界のゲーム動向を語る!「日本先行だと海外勢が興味なくす」「中途半端な海外向けはダメ」「スマホゲームはテンプレ通りじゃ売れない」

スクエニ松田社長のサムネイル画像
スクエニ松田社長へのロングインタビュー記事をご紹介。FF15が歴代最速で600万本を達成したことについて、日本とグローバル市場の関わり方やネットでのバズり方、動画配信サイトでの注目度など、マーケティング観点の面白い情報がたくさん。

欧米市場は長期にわたって売れ続ける傾向が強いのですが、ゲームタイトルのアップデートや追加ダウンロード・コンテンツ販売などの施策を増やすことで、ゲームタイトル自体のライフ・タイム・バリューの最大化に取り組む計画
とのことで、じわ売れ市場向けに継続的にDLCやアップデートが配信されていきそうです!インタビューではこのほか、スマホゲームの変化や、ニンテンドースイッチの好調ぶり、FF30周年、アーケードゲームの海外ウケ、中国市場や中東市場にアベンジャーズと多岐にわたって語られていて非常に興味深いです!(日経トレンディ)

ドラクエ11、PS4版と3DS版でバトルの違いを整理!エンカウント方式やバトル中の移動に差

ドラクエ11
PS4版と3DS版で開発中のドラクエ11についてバトルの違いを整理した記事をご紹介。ざっとまとめると下記のとおり。自分の好みに合わせて選べるのが良いですね!ゲームバランスが同じなのか気になります。(電撃オンライン)


PS4
・シンボルエンカウント
・戦闘突入前にフィールドで先制攻撃可能
・敵と味方の両方が表示
・バトル中にフリーで移動可能
・カメラアングル自動のモードあり
3DS版3Dモード
・シンボルエンカウント
・戦闘突入前にフィールドで先制攻撃可能
・敵と味方の両方が表示
3DS版2Dモード
・ランダムエンカウント
・敵キャラのみ表示
・対面式ドット絵画面でカメラの概念なし

スクエニ、「ニーアオートマタ」が世界累計100万本の出荷を達成と正式発表!

IMG_2038.JPG
スクエニは2月23日に発売されたPS4/PC「NieR:Automata」のパッケージ出荷本数とダウンロード販売数の合計が世界累計で100万本を突破したと正式発表しました。これまでのところ、世界90メディアのレビュー平均(メタスコア)が88、日本のAmazonレビューでも854レビュー平均4.0と、安定して高評価となっており、じわじわと売り上げを伸ばしていくかもしれないです。(スクウェア・エニックス)
関連:作品公式サイト

前の日へ次の日へ
過去ログ
カテゴリ一覧
気になる商品

ニュースページへ