スクウェア・エニックス

FFのドット絵の神、スクエニ渋谷さんインタビュー!「作業は30年前から変わっていない」

ソースURL:http://eonet.jp/zing/articles/...

IMG_3248.JPG

FF1からスクエニでドット絵を描き続けている「ドットの匠」こと、スクエニ渋谷員子さんへのインタビュー記事をご紹介。方眼紙のような画面上で、1マスずつ色を塗っていく作業は、FF1を開発していた30年前のからあまり変わっていないとのこと。そんなゲーム業界黎明期はどこにも手本がない状態だったため、それまでの人生経験を総動員するしかなかったそうで、好きな漫画をまねしていた小学生時代、毎日のように石こう像をデッサンしていた中学生時代などの経験が生きているそうです。
ドット絵は究極のデフォルメで、分業が難しいために技能の継承が課題となっているとか。

「ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス(FFBE)」の監修をしている関係で、外部の開発会社の方に直接教えに行く機会があるのですが、その時はもう、3~4時間付きっきりで、手取り足取り指導しています。実際にやって見せた方が理解も早いので、私がポーズを取って見せたり、紙に書いて説明したり。

と、ノウハウを外部や若手スタッフに伝授する活動を行なっているようです。
最近はアルバムのジャケットデザインとか、プロモーション用のドット絵とか、ゲーム以外の媒体でも渋谷さんのドット絵を見る機会が増えましたね。今後もかわいいチビキャラを生み出していってほしいです!(zing!)

関連記事

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2017年 7月 24日

    昔PSゲーム向けの小さいゲーム部署でドット打ってた。
    今は幾つ×幾つドットで何色使えるんだろう。
    因みに私がやってたのは64×64で16色(透明色一色マイナスで実質15色)だったけれど。




    0



    0
    • 匿名
    • 2017年 7月 24日

    そういや今もインディゲーで16×16単位ばかり見かけるような気も
    大変そうだけど64×64とかを多用するゲームも見てみたいな




    0



    0
    • 匿名
    • 2017年 7月 31日

    こういう作業こそAI化できそうやけどな




    0



    0

最新ニュース

  1. ヴァイオレットエヴァーガーデン
  2. FF14eorzea
  3. BRABRAFF7

カテゴリー

Amazon

■商品を探す
 

■売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

  1. FF25周年記念ボックス

    スクエニ2004-2013

    FF1~13がセットになった25周年記念ボックス買ったよ!レビュー なにこのディ…
  2. 管理人レポート(スクエニ以外)

    MacBook Proのメモリを増設する方法 わかりやすい解説
  3. FF15

    9月30日発売!FF15の映画+アニメのブルーレイ「FF15フィルムコレクション…
  4. ゲーム音楽

    FF6/7/10の公式オーケストラコンサート「Final Symphony To…
  5. PSP CCFF7 同梱版

    FF7

    CCFF7のPSP同梱版を買ったよレポート!
PAGE TOP