ゲームよもやま

WHO(世界保健機関)、「ゲーム障害(Gaming disorder)」を新疾病に認定!

国連の専門組織であるWHO(世界保健機関)は18日、ビデオゲームのやりすぎでゲームに依存してしまう「ゲーム障害(Gaming disorder)」を新疾病に認定しました。WHOのドキュメントには下記のとおり記載されています。ゲーム障害だと診断するためには12カ月間の症状が出ていることが基準になるようで、そう簡単に診断できるものではなさそうです。

Gaming disorder is characterized by a pattern of persistent or recurrent gaming behaviour (‘digital gaming’ or ‘video-gaming’), which may be online (i.e., over the internet) or offline, manifested by: 1) impaired control over gaming (e.g., onset, frequency, intensity, duration, termination, context); 2) increasing priority given to gaming to the extent that gaming takes precedence over other life interests and daily activities; and 3) continuation or escalation of gaming despite the occurrence of negative consequences. The behaviour pattern is of sufficient severity to result in significant impairment in personal, family, social, educational, occupational or other important areas of functioning. The pattern of gaming behaviour may be continuous or episodic and recurrent. The gaming behaviour and other features are normally evident over a period of at least 12 months in order for a diagnosis to be assigned, although the required duration may be shortened if all diagnostic requirements are met and symptoms are severe.

(Google翻訳)
ゲーム障害は、オンライン(すなわち、インターネット上)またはオフラインである可能性のある持続的または反復的なゲーム行動(「デジタルゲーム」または「ビデオゲーム」)のパターンによって特徴付けられ、1)発症、頻度、強度、期間、終結、文脈)に依存する。 2)ゲームが他の生活上の利益および日常活動よりも優先される程度にゲームに与えられる優先度を高めること。 3)悪影響が発生したにもかかわらず、ゲームの継続または拡大。行動パターンは、個人的、家族的、社会的、教育的、職業的または他の重要な機能領域において重大な障害をもたらすほど重大である。ゲームの振る舞いのパターンは、連続的または一時的かつ反復的であり得る。すべての診断要件が満たされ、症状が重度であれば、必要な期間が短縮される可能性がありますが、ゲームの挙動およびその他の特徴は、診断を割り当てるために通常少なくとも12ヶ月の期間にわたって明らかである。

背景には、スマホの普及に伴っていつでもどこでもゲームに触れるようになったことや、ソーシャルゲームなど継続的に興味を煽るゲームデザインが増えたことがあるのかもしれません。何事もほどほどにしましょう!

関連:WHO資料の該当ページ

関連記事

  1. nintendo labo

    ゲームよもやま

    「Nintendo Labo」でみんな独自の工作をしまくっててすげええ!!自販機を作った人も!

    ダンボールとニンテンドースイッチを組み合わせて遊ぶ「Nintendo …

  2. ゲームよもやま

    USJのマリオのアトラクションは400億円!ハリーポッターと同規模の大型投資!

    大阪のユニバーサルスタジオジャパンに建設されることが決まっている任天…

  3. ゲームよもやま

    【弊社VS御社】スクエニ2連覇なるか!?法人対抗格ゲートーナメントの第2回が開催決定!日程は12月3…

    好評を博したニコニコ動画主催の企画「企業対抗格ゲートーナメント」の第…

  4. ゲームよもやま

    異色の国産ボードゲーム「枯山水」が話題 その渋すぎる世界観

    枯山水の庭園を作る対戦型ボードゲームが登場してネット上で話題となって…

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2018年 6月 19日

    幼少期から自覚しております、、、。

    • 匿名
    • 2018年 6月 19日

    際限なくできてしまうし、特にスマホゲーなどはむしろそうなるように知恵を絞って作られているわけですから。
    自分の意思で我慢することが必要です。ゲーム以外でも大事なことですね…。

    • 匿名
    • 2018年 6月 19日

    昔何かの漫画で見た「カルビーかっぱえびせん依存症候群」(アジア保健機関(AHO)認定)を思い出した。
    依存による健康被害をこうやって対象ごとに細分化する必要があるかどうか疑問。まとめて「依存症」でいい気もする。

    • 匿名
    • 2018年 6月 20日

    いわゆる依存症って安易なネタで済まないレベルでやめられない状態だから
    まあどの分野でもありえることでしょうよ

    • 匿名
    • 2018年 6月 21日

    ×ゲーム
    ○社会

    • 匿名
    • 2018年 6月 23日

    何をしても揚げ足を取られる現実社会より、労力をかけただけ成果が認められるゲーム内の方が居心地がいいというのはまったく不自然ではないな!さて本当にまともなのはどっちだろう?笑

最新ニュース

  1. FF15コラボ
  2. ドラクエ11
  3. バテンカイトス
  4. LEFTALIVE
  5. ドラクエ11S
  6. ラストレムナント

Amazon.co.jp


売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

カテゴリー

  1. Amazon Fire TV Stick

    管理人レポート(スクエニ以外)

    テレビで「Amazonプライムビデオ」が視聴できる4980円の「Fire TV …
  2. アッシマー塔

    管理人日記

    若さゆえのあやまち
  3. ディシディアカップヌードル

    SQUARE ENIX

    アメリカ限定!ディシディアFF仕様のカップヌードルを買って食べてみた!
  4. プルデンシャルタワーからの景色

    アメリカ生活日記

    日記:ボストンの高層ビル「プルデンシャルタワー」の展望台から街全体を見てみた
  5. FF15

    9月30日発売!FF15の映画+アニメのブルーレイ「FF15フィルムコレクション…
PAGE TOP