→サイトマップ  スクウェア&デジタルで遊んじゃおう系ニュースサイト。Intermezzo 
今日のニュース | ごあんない | サイトマップ | 掲示板 | 特集 | お気に入り追加


homeレポ・レビュー・倉庫 > SONY CLIE NZ90レポート
CLIE NZ90
SONY CLIE NZ90 ファーストインプレッション
2003.01.27
とゆーわけでさきほど発表されたばかりのデカCLIEを触りに銀座ソニービルに行ってきました。学校の帰りw。
触ったのは10分くらいなのできちっと見れてない部分が多いと思いますが、御容赦を。「ふうん」程度に見ていただければと思います。

つか、報道メディアさんの写真のが全然キレイですね・・・(^-^; (←当然)
.
■ さわってみたー。

  • 大きさ
    縦の長さは従来と対して変わらないですが、厚みがやっぱり気になりますw。
  • 電源の場所
    今までスタイラスが入っていたあたりに電源とホールドスイッチがあります。もともと開くときに両手操作が必要になるマシンなのであまり問題はないかも。
  • 録音ボタン
    NX60にのみついていた電源切からいきなり録音開始できるハードウェアボタンがあります。
  • HotSyncボタン
    クレードルの右下の足のところについていました。クレードル自体が変な形で戸惑います。
  • 新ハードウェアボタン
    ターンスタイルでも押せるようにボタンが追加されていますが、すっかり忘れてて押し忘れました(^^;
  • CFスロット
    例によって通信専用のCFスロットですけれど、今回は下部に移動しています。このためターンスタイルに変更する際にカードと本体が干渉する心配がなくなっています。
  • 液晶 ほとんど同じ。つーか僕の目に違いはあまりわかりませんでした。
  • バックボタン&ジョグ 改善されてると思ったんですけどねえ。相変わらずの消極的出っ張り具合w。使ってるうちに馴れるんでしょうか?ジョグダイヤルに関してはほとんど同じ操作感。このふたつの場所はNXよりも上についてるから、重心はよいです。
  • キーボード 微妙に押しにくくなってしまったような。今までのはキーボードの周囲が柔らかいゴムみたくなってたじゃないですか。それが堅くなってました。キー自体も中央がでっぱてる感じで。クリック感は増しているんですがそれが個人的には押しにくく感じました。ちなみにこのページの文章は9割くらいはNX70で書いています、というくらい現在のキーボードがヒットしちゃった僕です。
  • Picsel Viewer for CLIE 今回すごく期待してるソフトなんですが、アンチエイリアスがいいかんじにかかっていて、とても見やすかったです。(残念ながら撮影に失敗してしまいましたけれど。)ぜひNX用にも別売してほしいですね。Word ExcelはDocuments To GoでコレはPDFやPPTというかんじになるんでしょうか?でもHotSyncできない環境でCLIEに入れたい、という状況になるとこのPicsel Viewerの独壇場ですよね。これで編集もできれば文句ないんですが…。
  • カメラ カメラの機動はやけに遅かったです。レンズカバーは手動開閉なんですが、閉まってると警告出るのでうっかりミスは防げます。画質に関してはパソコンの画面で見ないとなんともw。
    カメラと画面は同時に回転する仕様になってるので、開いた状態では自分撮りする状態です。相手を撮りたいときはターンスタイルにするみたいです。なので従来機より角度調節の自由度は下がっています。

    カメラ起動するまでのムービー(WMV)
    カメラと画面の開閉ムービー(WMV)


.
■ 感想
ぼくはDimageXとNX70を常に携帯しているんですけれど、まさにそれにとってかわるマシンなのです。高画質カメラで撮影、文章入力、アップロードをこれ一機でシームレスにこなせてしまうという。サイバーショットUならば(光学3倍ズームが無いので)ホントにカメラをわざわざ持ち歩く必要がなくなりますよね。

ただ、従来のPDAというカテゴリから大きくかけ離れてしまっているところにまで来てしまったので、生粋のモバイラー&現行クリエユーザにはあまり歓迎されないのではないでしょうか。スーツの胸ポケットになんか入るわけないですし。だからネット系遊び大学生とかそんなかんじの人々にはうってつけだなぁって。個人運営サイト増えてますし、情報発信したい人にぴったり。イメージステーションとかまさにその線を狙ってるんでしょうけれど。その割にこの価格はどうかと思いますね。カメラ付ケータイを考えるととっても割高に思えます。(スペック考えるとうなずけるけど、新ユーザ開拓は厳しい値段ですよねぇ)

付け加えると、撮影時にサイバーショットUよりも大きなストレスを感じます。サイバーショットUはネックストラップで首から下げていれば、持つと「同時にレンズカバー(=電源)を開けて撮る」のに対して、NZ90は「本体を出してレンズカバーを開けてカメラを起動して撮る」というステップが必要です(景色や他人が被写体ならさらにターンスタイルに変更する必要もある)。スペックは同じでも使い勝手は大きく違います。

つまるところ、やっぱりよくわからん製品だ、と。(爆)
写真をアップロードや大画面で閲覧する必要が無いのなら、サイバーショットUやEXILIMとNXシリーズの方が使い勝手よさそうです。

心残り「新ハードウェアボタンを押し忘れた」「Bluetooth試してない」「NZ90で写真撮ってない」などなど…w。
.
■ 関連リンク







ニュースページへ

このページへの直リンクおっけーですよ(^-^) /
 Copyright © 2000-2003 Asanagi All Rights Reserved. トップへ