ソフトウェア

3DCG制作ソフト「Softimage」開発打ち切りが正式発表。FFなどゲーム開発者に波紋が広がる


FFなど数々のゲーム開発に使われてきた3DCG制作ソフトの「Softimage」が4月14日にリリースされる版で最終バージョンとなることがオートデスク社から正式発表されました。3DCG制作ソフトは、3DSMax、Maya、Softimageが代表的なソフトですが、すべてがオートデスク社によって買収されてしまい、今回そのうちのひとつが開発打ち切りという結末を迎えることになりました。

残念ながら、これからリリースされる Softimage® 2015 が、このソフトウェアの最終リリースになることとなりました。この最終バージョンは 2014 年 4 月 14 日に出荷される予定です。オートデスクでは 2016 年 4 月 30 日までこの製品サポートを提供いたします。また、必要なホットフィックスやサービスパックも 2016 年 4 月 30 日まで無償ですべてのお客様に提供いたします。

オートデスクでは、Autodesk Maya または Autodesk 3ds Max のいずれかに無償で移行できるようにするとしています。
手作業でのモーション作成に定評があった本ソフトですが、ゲーム開発者の方々に開発打ち切りの波紋が広がっています。FF7の野島さんスクエニFF13の田中さんDODのヨコオタロウさんセガの下田さんなどがTwitterで別れを惜しむコメントを寄せています。
参考:FF13でのSoftimage活用事例(オートデスク)

なお、Softimageを使って開発したソフトとしては、ファイナルファンタジー13、ストリートファイター4、バイオハザード5、アイドルマスター2、ベヨネッタなどが知られています。

関連記事

  1. ソフトウェア

    Adobe、処理速度が10倍になったLightroom CC発表!月額980円でPhotoshopも…

    Adobeは定番の写真現像&管理ソフトの新版、Lightroom C…

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2014年 3月 05日

    田中さんのリンクがおかしいでっせ




    0



    0
    • asanagi@管理人
    • 2014年 3月 05日

    管理人です。
    一部リンク切れがありましたので修正しました。ご指摘ありがとうございます!




    0



    0
    • Mayaは、触ったことがある
    • 2014年 3月 06日

    価格が高いからね、どれも個人で気軽に買えるような商品じゃないし。
    OSSで似たようなものを見たことがあるけど、やっぱり規模が違うからなんともね。




    0



    0

最新ニュース

  1. SDCC2018
  2. オクトパストラベラー
  3. オクトパストラベラー
  4. チョコボねぶた
  5. 武蔵伝

Amazon.co.jp


売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

カテゴリー

  1. 管理人レポート(スクエニ以外)

    電子書籍とは? Amazon「Kindle PaperWhite 3G」を2か月…
  2. アメリカ生活日記

    日記:Amazon EchoとPhilips Hueで部屋のLED照明の点灯/消…
  3. SQUARE ENIX

    FF6/7/10の公式オーケストラコンサート「Final Symphony To…
  4. PC

    「LaVie Z」買ったよ!レビュー MacBook Airよりもペットボトル1…
  5. FF展 ミッドガル模型

    スクエニ2004-2013

    FF25周年記念イベント「FF展」に行ってきた!レポート
PAGE TOP