スクウェア・エニックス

スクエニ松田社長の年頭所感「HDゲームは今年以降も続く強力なラインナップ」「VRやARでもチャレンジ」

ソースURL:http://www.hd.square-enix.com/...

スクエニ松田社長のサムネイル画像
スクエニ松田社長は新年を迎えるにあたり年頭所感を発表しました。2015年をふり返り、次のように語っています。

2015年は、有力なコンテンツ配信プラットフォームに成長したスマートデバイスにおいて、当社グループは多くのヒットタイトルを輩出することができました。大型オンラインゲームサービスについても、多くのお客様に継続してご愛顧いただき、安定した収益基盤となっています。また、最先端技術に基づく高品質なゲーム体験をお届けできるHD(ハイ・デフィニション)ゲームの分野においては、代表的なフランチャイズ作品の発売による収益機会の拡大により、今年以降も続く強力なラインナップの投入に向けた足掛かりができました。さらに、アーケードゲームにおいても新たなゲーム機を投入し、リアルのゲーム体験を提供するという当社グループ内でのユニークなポジションを確立しています。出版の分野では、海外、特に中国でのマンガ配信を現地企業を通じて行ったことは将来への布石という点で重要な意味をもつイベントであったといえます。

スマホだけに注力するのではなく、HDゲームなどもバランスよくやっていく方針をあらためて確認できますね。その上で、2016年については、

2016年は、いよいよ今までの取り組みを集大成し、新たな成長へ向けて出発する重要な年になります。
ビッグフランチャイズの新作をはじめとした豊富なパイプラインを生かして将来への飛躍を狙います。コンテンツ開発においては、従来のプロダクトラインに加えて、VRやARといった新たな分野においても挑戦的で革新的なチャレンジを行ってゆきます。

とのこと。今年大きな動きがありそうな「プレイステーションVR」にも何かしらの弾を用意してそうです! バンダイナムコやコナミがスマホに注力する中、スクエニのこの姿勢は安心感があります。世界に通用するHDゲームを開発できる日本のメーカとして今年もがんばって欲しいですね。(スクウェア・エニックス)

関連記事

  1. スクウェア・エニックス

    スクエニ松田社長も遊んだ!『オーバーウォッチ』PS4最速体験会レポ

    5月24日に発売予定のスクエニローカライズ洋ゲー「オーバーウォッチ」…

  2. スクウェア・エニックス

    電撃オンラインのニーアコンサートのレポート記事は愛が溢れすぎてて怖い…!

    ニーアファンによるニーアファンのためのニーアコンサートのレポート記事…

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2016年 1月 05日

    コナミはスマホ注力だけどバンナムはスクエニと同じで、CSもスマホも両方やっていってるでしょ




    0



    0
    • 匿名
    • 2016年 1月 05日

    いくら注力するといっても実際にゲームを遊んで見ないことにはなんとも言えんな
    納期重視とかで作られたものだったりしたらつまらんものができるだろうし




    0



    0
    • 匿名
    • 2016年 1月 07日

    前社長のときには、グローバルとは英語圏のことを指していた。それが変化してる。まずはインドから?




    0



    0
    • 匿名
    • 2016年 1月 11日

    steamで販売するのはいいが、なぜ日本語が対応されてない….
    他の言語は、すべて対応しているのに、
    FF&BIO




    0



    0

最近の記事

カテゴリー

  1. アニメ2012_2013

    使徒をひんやり…食ってる…!?「ヱヴァ」シリコン製氷皿
  2. クール

    新型機「エアバスA350 XWB」試験機が日本に初飛来!3日間羽田にステイ
  3. スクウェア・エニックス

    スクエニ和田洋一氏率いるシンラ・テクノロジーが開発者会議を開催してゲームを披露
  4. その他情報2006

    泥棒がドジすぎるので警察が転職をすすめた
  5. ポータブル音楽1

    Xbox360とiPodを接続してみたよ
PAGE TOP