田中弘道

FF11

スクウェア創業メンバでFF11の田中弘道氏、腎臓移植のことやFF11を振り返る。 ROの廣瀬氏との対談

ソースURL:https://www.inside-games.jp/ar...

スクウェア創業メンバでFF11の田中弘道氏が、現在の所属先であるガンホー・オンライン・エンターテイメントの廣瀬髙志氏との対談している記事をご紹介します。お二人は現在スマートフォン向けRPG『セブンス・リバース』のプロデューサーとディレクターであるわけですが、以前はそれぞれFF11とラグナロクオンラインというMMORPGの二大巨頭の主要スタッフでした。今回セブンス・リバースがFF11とコラボを実現させるにあたって、この対談が組まれたのですが、当時を振り返る話になっています。田中さんは先天性の腎臓病を抱えていて、それもあってスクエニを退社したんだそうです。

田中氏:入社はちょうど5年前、2012年の8月です。僕は旧スクウェアの創業メンバーの1人なんですけども、30年近く所属するなかでスクウェア・エニックスの合併も経験してきました。2011年の東日本大震災の頃、僕は先天性の腎臓病で入院していて、「『FF11』みたいな大規模なオンラインのゲームのプロデューサーは続けられないかも」ということで初めてスクウェア・エニックスを離れるキッカケが生まれました。(中略)それから何度か入退院をしながら戻ったり離れたりが続きました。最終的には2015年に腎臓移植をすることになりまして、現在は完全に復活している状態です。

田中氏:廣瀬とはオンラインゲームを10年ぐらいやってきた中で、いまのMMOの問題点というものをお互いに認識していたところがあったので、そこを解消できるようなゲームを作りたいよねと話し合った記憶があります。

廣瀬氏:田中がやっていた『FF11』に対してはライバルという感覚ではなかったんです。世に出ているオンラインゲーム同士として、例えば『FF11』の運営で何かが起きたときには、我々にも同じことが起こりうるだろうなとか、自社だったらどう解決するかなど刺激をもらっていました。『FF11』側で告知がでると社内でも話題になりましたね。

田中氏:戦友みたいな感じだよね。

「戦友」というのはご本人たちだからこそ出てくる言葉でしょうね。かっこいい…。対談ではほかにも、FFで竜騎士がジャンプすることになった経緯とかが語られていて、興味深い内容になっています!

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最新ニュース

  1. FF12ZTE
  2. メリメロ
  3. ワールドオブFF
  4. 量子コンピュータ
  5. 聖剣伝説2

カテゴリー

Amazon

■商品を探す
 

■売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

  1. 野村哲也氏サインの3DS

    スクウェア・エニックス

    スクエニARTNIAで、日本初の野村哲也氏サイン会が実施! 「すばせかプレビュー…
  2. スクウェア・エニックス

    日記:FF4の全曲をストーリーに沿って演奏するリトルジャックオーケストラのコンサ…
  3. 管理人レポート(スクエニ以外)

    MacBook ProのHDD増設!160GBから500GBに交換したレポート …
  4. ボストンコモン

    管理人レポート(スクエニ以外)

    日記:米国ボストンに住み始めて2週間。街中の写真を撮ってきたよ
  5. PC

    「LaVie Z」買ったよ!レビュー MacBook Airよりもペットボトル1…
PAGE TOP