ドラクエ

ドラクエの生みの親、堀井雄二さんが語る誕生秘話と今後の展望

ドラクエの生みの親である堀井雄二さんへのインタビュー記事のご紹介です。ファミコン版「ポートピア連続殺人事件」の35周年というところに話が始まり、ドラクエの誕生秘話が語られています。当時をよく表していて面白いと思ったのが次のくだり。

――シナリオは最初から結末まですべて決めてから開発を始めていたのでしょうか?

開発前に決めているのは、ざっくりとした部分だけです。「主人公はこんな人物で、魔王を倒す」というところまでは決めていますが、こまかいところは徐々に決めていきます。最初の打ち合わせ段階では、まずメモリの配分について決めることから始めていました。マップにこれだけデータを持たせて、モンスターの分野にこれだけ持たせてという専門的な内容です。それに合わせてマップを描いて、マップに人を置いて、人に番号をふって、せりふを書くといったように設計図を書いて、プログラム担当のチュンソフト(現在は株式会社スパイク・チュンソフト)に渡すわけです。

 メモリ配分からゲームデザインを決めていくというのは、シナリオとプログラムの両方に精通している当日のゲームデザイナーならではですよね! でも、現代のゲームソフト開発でも構想ばかり大きくなってしまうと、開発スタッフの人数、規模、期間、予算に合わずに発売できないなんてことになりますから、こういうセンスは今の時代でも必要なのかも…。

それから、氏のゲームへの考え方がよくわかる次のところ。

Nintendo Switchの「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」にはまりました。はまった理由は、空を飛べるシステムにあります。「飛んでいかにモンスターに遭わずに崖まで行くか」という、ある意味”ズル”を探すゲームだと思っています(笑)。いかに少ない苦労でゲームを進めていくか、最高の成果を得られるかっていうのが楽しかった。そもそも人間って、ズルが好きなんですよ。ドラクエの世界でも、ズルには寛容です(笑)。

このほかにも、ジャンプの伝説の編集者である鳥嶋さんとの話や、すぎやまこういちさんとの出会いなど、面白い話がいろいろ。ぜひ元記事を読んでみてください。合わせて、以前ご紹介した鳥島さんへのインタビュー記事も読むと、理解が深まると思います。

NEC、米国CESでSwitch風ゲーム機スタイルになるノートPC「LAVIE MINI」を発表!前のページ

スクエニのPS5「Project Athia」は2022年1月発売とソニーが発表!次のページ

関連記事

  1. ドラクエ

    10/23朝10時の「題名のない音楽会」急遽、すぎやまこういちさん追悼特集に変更

    10月23日朝10時放送のテレビ朝日「題名のない音楽会」は、予定してい…

  2. ゲーム音楽

    作曲家・すぎやまこういちさん死去、90歳。最後の仕事は開発中のドラクエ12

    作曲家のすぎやまこういち氏が9月30日に敗血症性ショックのため死去した…

  3. ドラクエ

    開発会社オルカ、ドラクエ12の開発スタッフを募集! Unreal Engine 5での開発

    今年5月に開発発表が行われた「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎…

  4. ドラクエ

    淡路島にドラクエのアトラクション4月29日オープン!「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとは…

    兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に、「ドラゴンクエスト…

  5. ドラクエ

    すぎやまこういち氏が2020年度の文化功労者に選出!

    2020年度の「文化功労者」が発表され、ドラクエの作曲で知られるすぎや…

最新ニュース

Amazon.co.jp


売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

カテゴリー

  1. PSP CCFF7 同梱版

    FF7

    CCFF7のPSP同梱版を買ったよレポート!
  2. FF13

    サントリー「FF13エリクサー限定版」買ったよレポート
  3. ARTNIA

    SQUARE ENIX

    スクエニ公式ショップ&カフェ「ARTNIA」に招待された!店内のようすレポート
  4. FF7

    FF7が殿堂入りしたの博物館National Museum of Play…
  5. FF8スコール原画

    スクエニ2004-2013

    野村哲也氏の繊細なタッチを堪能。 FF8原画展レポート! 新宿「ARTNIA」で…
PAGE TOP