FF7

FF7リメイクの裏話第五弾が公開!「らせんトンネルではどう操作してもプレイヤーが轢かれないタイミングで列車が走ってくる」

スクエニ公式サイトで連載されているFF7リメイクの裏話の第五弾が公開されました!面白い話がいろいろ書かれているのですが、抜粋して紹介します。全文はこちら。

Q:忠犬スタンプのオリジナルデザインを手掛けたのは神羅カンパニーのどの部署なのでしょうか。

A:忠犬スタンプは神羅とウータイの戦争がおこなわれていたときに民衆の戦意向上のための広報活動用にデザインされたのが最初になります。一般的には公開されていない情報ですが、その当時、縮小されつつあった宇宙開発部門の統括パルマーが書いた落書きが元になったという噂があります。

鳥山 求(共同ディレクター(シナリオデザイン))

まさか、犬のデザインはパルマーが描いたものだったとは!!意外過ぎます…。そして、螺旋トンネルで走ってくる列車は、絶対に轢かれないようになっているとのこと。そういわれると、試してみたくなりますが、確かにいつも歩いている場所とは反対側の線路に走ってくるようになっていますね。

Q:螺旋トンネルで列車が通る際に、我々の視点(カメラ)も揺れて非常に臨場感のある体験ができました。こういったこだわりはどのように生まれるのでしょうか?初めから想定されていたのか、試行錯誤していくうちに追加されるものなのでしょうか?

A:線路内を移動しているという緊張感を感じてもらうというコンセプトがあったのですが、間違えるとクラウドが列車にはねられてしまうことは、ファンから望まれないだろうなとも考えていました…。
そこで、列車が横を通る臨場感をユーザーに感じてもらおうと、ライトやSEやカメラ振動など演出できるものを積極的に取り入れています。また、プレイヤーの位置と列車の走るタイミングを綿密に計算していて、どう操作してもプレイヤーがひかれることのないタイミングで列車を走らせるなど調整をしています。

浜口 直樹(共同ディレクター – ゲームデザイン/プログラミング)

ちなみに、第四弾では開発チームの中にネコが大好きな方がいるのか?など、核心に切り込む質問があったりしますので、まだ読んでない方は合わせて読んでみることをお勧めします!

スクエニ、「ニーア」デザインのデスクトップPCを発売!RTX 2060搭載21万円から前のページ

イトケンが青森・弘前駅の駅ピアノでロマサガのオープニングを演奏!次のページ

関連記事

  1. FF7

    FF7の25周年記念NFTつきフィギュアとトレカが発売決定!

    スクエニが従来から意欲的に参入の意思を示しているNFTですが、なんとF…

  2. FF7

    スクエニがFF7クラウド(女装姿)のフィギュアを製品化してしまう! 19,580円(税込)

    スクエニは「ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS…

  3. FF7

    FF7リメイク、開発時は8章と9章の間に「ティファパート」があったことが明らかに!

    FF25周年記念サイトで連載されているFF7リメイクの裏話ブログ。第三…

  4. FF7

    FF7リメイク、開発秘話の第二弾公開!「八番街のフィーラーはエアリスを妨害しているのではなく、クラウ…

    FF7リメイクの開発秘話ブログの第二弾が公開されました!FF7リメイク…

最新ニュース

Amazon.co.jp


売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

カテゴリー

  1. PSP CCFF7 同梱版

    FF7

    CCFF7のPSP同梱版を買ったよレポート!
  2. FF13

    FF13-2ファンミーティングのレポート! 1時間もプレイした感想&スクエニ本社…
  3. ニューヨーク 黄昏時

    アメリカ生活日記

    日記:ニューヨークを観光してみた写真レポート!帰省ラッシュに巻き込まれて7時間か…
  4. はやぶさグランクラス

    管理人レポート(スクエニ以外)

    日記:新幹線のファーストクラス。 「はやぶさ」グランクラスに乗ってみた! 
  5. PC

    「LaVie Z」買ったよ!レビュー MacBook Airよりもペットボトル1…
PAGE TOP