デジタルカメラ

キヤノン、世界初8K動画・8段手ブレ補正対応のEOS R5発表!7月下旬発売で50万円。 4K60PのR6も30万円で登場

キヤノンは、世界初となる8K動画撮影に対応したミラーレス一眼カメラ「EOS R5」を発表しました! センサーは4,500万画素CMOSで、ISO感度は常用51200、拡張102400。シャッターはAF/AE追従でメカ12コマ/秒、電子20コマ/秒。手振れ補正は本体に5軸補正を搭載し、レンズとの協調で8段の手ブレ補正に対応。動画は8K30P、4K120Pでの撮影が可能。 記録メディアはCFexpressとSD UHS-IIのデュアルスロット。背面モニタはバリアングル液晶で、EVFは0.5型、約576万ドット。公式オンライン価格はボディ単体で税別46万円です。

これまで、ミラーレス一眼はソニーの後塵を拝してきたキヤノンですが、ソニーが4K30Pどまりなのに対して、8Kや4K120P対応と驚愕の性能になっています!これはすごい売れそうな予感。

また、下位機種として30万円のR6も同時発表。こちらは2,010万画素で動画は4K/60pまで。8段の手ブレ補正を搭載し、SDカードのデュアルスロット。ソニーのα7IIIを強く意識したスペックとなっています。

ソニーではα7SIIの後継機種がこの夏に発表予定とされており、対決が楽しみです!

関連リンク:
最高約20コマ⁄秒連写のフルサイズミラーレスカメラ”EOS R6″を発売
次世代の映像表現を追求したフルサイズミラーレスカメラ”EOS R5″を発売

スクエニ新規AAAタイトルの鯨岡氏にインタビュー!前のページ

無観客でドラクエコンサート開催!1500円でライブ配信次のページ

関連記事

  1. デジタルガジェット

    血中酸素濃度が測定できるApple Watch 6やUSB-CになったiPad Air発表!iPho…

    毎年恒例、Appleの9月の新製品発表会が行われました。例年なら新型i…

  2. デジタルカメラ

    フルサイズが手のひらに。ソニーα7C発表!α7III相当の機能をAPS-Cサイズに凝縮

    ソニーは、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」を発表しました!キヤ…

  3. デジタルガジェット

    アップル、次期5G対応iPhoneの発売を10月と発表。 例年の9月から1か月遅延

    iPhoneの新機種は9月に発表されて同月中に発売されるのが毎年恒例と…

  4. デジタルガジェット

    Apple、Macが脱インテルで独自CPU「Apple Silicon」を採用!

    Appleは同社の発表イベントWWDC2020で、Macが独自CPU「…

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 7月 10日

    このデザインでは、とりあえず性能いいし見た目もいいからSONY!みたいなライトユーザーは引っ張れないだろうな。
    何かガチ勢とかスペックオタのパイが小さいところを狙ってしまった感が。

    • 匿名
    • 2020年 7月 11日

    ◆某掲示板でのこのカメラの評価

    ・高すぎる
    ・完全に一般ユーザは蚊帳の外
    ・ソニーの劣化パクリのくせに50万円w
    ・50万?ふつーにソニー買うだろww
    ・センサーでソニーに一周遅れてんのにこの値段はねぇわ
    ・もともとフィルム時代も金持ちはニコン、貧乏カメラマンはキヤノンと
     値段で勝負してたメーカーなのに、なに調子のってんだ?
    ・ミラーレスでソニーが調子こきすぎなので
     キヤノンには頑張ってもらいたいのだが
     50万とか客をバカにしている 信者でなければ買わない
    ・金持ってる団塊の糞ジジイのカメラ自慢のための商品
    ・マイナーチェンジが微妙すぎてほんと過去の遺産とカメラ親父で食いつないでる感じ
    ・スペック的には凄いように見えるがセンサー性能が本当にソニーに追い付いたのか疑問
    ・キャノンはスペックを盛るから実機が出ないと評価できない
    ・本当にキヤノンはダメになった
    ・なぜ放熱問題でソニーがボロクソに叩かれてたのに、
     よりによってキヤノンまでオーバーヒートで同じ事を繰り返すんだろうか
    ・ソニーに勝てる要素がない
    ・老害が支配する会社の製品など触りたくもない
    ・スマホより簡単にきれいに撮れる?
    ・機能性がない スマホで充分
    ・古いガラケーのカメラの方がいつでもどこでもビシバシ撮れる
     コンデジだとピンと合わなくて、もたつくことしばしば
    ・ピントの合ったところ以外ボケボケ。スマホ以下
    ・一般市民はオーバースペックを求めてない スマホで充分
    ・スマホ「Galaxy S20 Ultra」1億800万画素 スマホ以下
    ・秒20コマは凄い
    ・8kほしい 冬のボーナスで買いたい

    • 匿名
    • 2020年 7月 11日

    このカメラの記事見つけた

    要約

    ・EOS R5の8K動画のオーバーヒートは深刻な問題

    ・このカメラは8K動画を撮影できるのが売りだが、
     いざ8Kで動画を撮影するとエーバーヒートする

    ・一旦オーバーヒートしたEOS R5は電源を切った後に
     10分間冷却しても、8Kでは3分しか撮れない。

    ・20分間電源を切って冷却しても、
     8Kでは8分しか撮影できない
     有償で重要な撮影をしている時には、10分や20分は手痛い時間ロスた

    ・このオーバーヒートの問題は8Kに限ったことではない。
     4K24pと30pは8Kからオーバーサンプリングされており、
     最初は30分しか撮影できず、次はたった5分だけ。
     それ以上過ぎると恐怖のオーバーヒート警告が出て
     それ以上の録画はできなくなる。

    とんでもねーポンコツでワロタw
    これが技術のCananか

    • 匿名
    • 2020年 7月 12日

    明らかにプロ向けの価格設定なのに
    オリンピックも無い、プロスポーツも規模縮小、
    冠婚葬祭、イベントも激減。
    つまりプロからの需要は激減。

    この値段でアマチュアがどんだけ食い付くか、だな。

    • 匿名
    • 2020年 7月 12日

    動画は20分くらいでオーバーヒートするけど、カメラ性能としては画期的なんだけどな。
    有名なカメラマン野村誠一はすごい、すごいとべたホメだったな。
    youtubeにアップされているキャノンのサービスマンとの会話は面白いよ。

最新ニュース

Amazon.co.jp


FF7リメイク マテリアル アルティマニア
2020年10月29日発売
豪華ハードカバーの設定資料集


売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

カテゴリー

  1. ボストンコモン

    アメリカ生活日記

    日記:米国ボストンに住み始めて2週間。街中の写真を撮ってきたよ
  2. FF13

    サントリー「FF13エリクサー限定版」買ったよレポート
  3. プルデンシャルタワーからの景色

    アメリカ生活日記

    日記:ボストンの高層ビル「プルデンシャルタワー」の展望台から街全体を見てみた
  4. FF15

    FF15の開発スタッフとファンがホテルで懇談会! ギャザリングイベントに参加して…
  5. PAX EAST 2018

    SQUARE ENIX

    米ボストンの「PAX EAST 2018」に行ってきた!スクエニブースと全体の様…
PAGE TOP