スクエニOB

FFの父、坂口博信氏が開発中の新作「FANTASIAN」のスクリーンショットが公開。背景がすべて実写ジオラマ!

FFの生みの親である坂口博信氏がApple Arcade向けに開発中の新作「FANTASIAN」のスクリーンショットが公開されました。背景はすべてジオラマとして作り込んだものを撮影して使っているという面白い試みで、独特のミニチュア感がある映像となっています!開発には3年を費やしており、完成間近とのこと。

というわけで、ジオラマのメイキングも含めて坂口さんが自らTwitterで公開している写真をいくつかご紹介します。

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』予告編第一弾が公開!5/7公開前のページ

じょびネッツァ、マイディー氏追悼の動画をYouTubeで公開。GLAYのTERUさんなどがメッセージを寄せる次のページ

関連記事

  1. スクエニOB

    FF15田畑氏のパラリンピック公式ゲーム、2021年発売予定と続報が発表

    FF15の田畑氏がスクエニを退社して、新会社で開発中の東京パラリンピッ…

  2. スクエニOB

    下村陽子氏インタビュー「息子を産む20時間前までキングダムハーツ の曲を書いていた」

    「ストリートファイターII」や「キングダムハーツ」「聖剣伝説LoM」な…

  3. スクエニOB

    植松伸夫氏がラジオに返ってきた!「帰ってきた犬耳ラジオ」YouTubeで公開

    植松伸夫氏が久しぶりにラジオに返ってきました!同氏のDog Ear R…

  4. ゲーム音楽

    KHIIIの下村陽子さんがNHKカルチャー教室で開講。8月18日大阪・梅田

    キングダムハーツIIIや FF15の作曲で有名な下村陽子さんがNHKカ…

  5. スクエニOB

    スクエニ退社の FF15田畑D、新会社JP GAMESで新作「THE PEGASUS DREAM T…

    FF15元ディレクターの田畑氏がスクエニを退社して設立した新会社JP …

  6. スクエニOB

    アップルが定額制ゲームサービス「Apple Arcade」を発表! FFの父・坂口博信氏の新作も!

    アップルは、定額制ゲームサービス「Apple Arcade」を発表しま…

コメント

  • コメント (12)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 1月 21日

    CGで作るのと、ジオラマだと、実際には、どちらが安いのか、時間が掛かるのか、気になりますね。
    色合いの微妙な変化や、立体感、奥行きなども含めると、同じものをCGで作る方が案外高くついたり、時間がかかるんじゃないかと思った。

    • 匿名
    • 2021年 1月 21日

    面白そうです。2Dで発展してきたジャンルのゲームとは相性良さそうですね。
    スクロールはできるのか?グリグリ視点を動かすのは無理にしても、固定カメラを切り替える形なら視点変更もいけるか?いろいろ気になってしまうのは、それだけ魅力のあるコンセプトだということなんでしょうね。完成版を見るのが楽しみです。

    • 匿名
    • 2021年 1月 21日

    良し悪しはさておき、未だに挑戦的なのは流石だなぁ
    まぁ小規模チームで飛び道具にせざるをえないのもあるかもだけど

    • 匿名
    • 2021年 1月 21日

    また突拍子もないことを…

    • 匿名
    • 2021年 1月 21日

    35年前だけど同名のRPGあったな

    • .
    • 2021年 1月 21日

    創ってダメならさっさと捨てて、次が創れて、責任取らずに人の金自由に使えていいよなあ。

    • 匿名
    • 2021年 1月 21日

    値段がつかねえなら、亀裂に切り込むんだな、隊長さん!

    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    ミニチュアカメラってのがあるじゃんと一瞬思ったけど、現実の背景を使うのはさすがにマズイか…
    「GRAN TURISMO SPORT」ってゲームに、実在の背景にCGの車を配置して写真を撮影できる機能があってだな…うんたらかんたら

    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    最後の部屋のアングル、FF9のとある場所を思い出す

    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    テラバトルをコンシューマーに出すという公約がまだ果たされてないんだよね
    これでいいから出してほしい

    • 匿名
    • 2021年 1月 23日

    被写界深度効果を多用するのは海外のゲームっぽい雰囲気。
    てか日本のゲーム業界がAAAタイトルでも頑なに採用しないのは謎。

      • 匿名
      • 2021年 1月 24日

      海外っていうかアメリカだとTRPGにメタルフィギュアとフロアタイルを使うのが当たり前だから、CRPGをやるときにもミニチュアっぽさを出すために被写界深度を強調する流れになるんだと思う
      日本だとTRPGとCRPGが別々に入って来てるから、その辺の文化的な連続性が失われてる

最新ニュース

Amazon.co.jp


売り上げランキング
/ Kindle本 / 音楽 / DVD / ゲーム
デジタル製品 / おもちゃ

カテゴリー

  1. FF8スコール原画

    スクエニ2004-2013

    野村哲也氏の繊細なタッチを堪能。 FF8原画展レポート! 新宿「ARTNIA」で…
  2. SQUARE ENIX

    FF30周年記念、東京タワーの「クリスタルタワー」ライトアップ&プロジェクション…
  3. 管理人レポート(スクエニ以外)

    MacBook ProのHDD増設!160GBから500GBに交換したレポート …
  4. 野村哲也氏サインの3DS

    SQUARE ENIX

    スクエニARTNIAで、日本初の野村哲也氏サイン会が実施! 「すばせかプレビュー…
  5. ディシディアカップヌードル

    SQUARE ENIX

    アメリカ限定!ディシディアFF仕様のカップヌードルを買って食べてみた!
PAGE TOP